WordPress と自社広告 プラグインかテーマか

怪我の功名かもしれません。

WordPress と広告  テーマとプラグイン

このブログやホームページの作成では、 WordPress(ワードプレス) を使っています。
WordPress では、サイト全体のデザインを決めるテーマと個別の問題を解決するためのプラグインの選択が不可欠になります。

私のサイトでは、テーマは「Lightning(ライトニング)」を選択しました。
テーマの変更は可能なのですが、サイト全体の構成が変わってしまいます。
変更する場合には、慎重な選択となります。

プラグインは、特定の問題の解決を図るための仕組みです。
解決したい問題に対して変更の選択や頻度が多くなる可能性があります。

たとえば、私の場合、クレジットカード決済をサイト内で実現したかったので、必要なプラグインを導入したことがあります。
クレジットカード決済の導入 StripeとSimpleStripeCheckoutで
しかし、セミナー動画の販売にあたって、より使いやすいプラグインが必要となり変更しました。
(この件については、後日報告予定)

WordPress と広告 ブログ内での自社広告

ブログは投稿記事ごとに特定のテーマを取り扱っています。
そうした記事の中にも、読者の方への「お知らせ」を挿入したいと思いました。
イメージとしては、雑誌の記事の途中に広告が入っているようなものです。

以前はプラグインの「Advanced Ads」を利用していました。
記事作成が容易なことと、自分が望んだ場所に広告が設置できるので便利でした。

しかし、新しいクレジットカード決済のプラグインを始動したところ、なぜか表示に不具合が生じました。
原因を探ってみたのですが、結局未解明となりました。

サイトやブログ記事には何の支障もありませんでした。
とはいえ、特定のお知らせ記事を知ってもらう手段が無くなったわけです。

WordPress と広告 プラグインからテーマへ

新規プラグイン始動による干渉が、広告表示トラブルの原因がだったのかと推定しました

クレジットカード決済の方が重要だったので、AdvancedAdsでの 広告は放棄することにしました。

代わってテーマ Lightning の機能である CAT(Call to Action) を利用することにしました。
以下のような設定をすることで、ブログの末尾に「お知らせ」を掲載できることになりました。

Lightningを使用している状況で、さらに「ExUnit」を有効化しておきます。
WordPressログイン画面上部に表示がでます。

次にCAT(ログイン画面左)より、新規作成に移り、「お知らせ」記事を作成します。

最後にExUnit(ログイン画面左)より、メイン設定に進み、CTAの表示位置を設定します。
私はブログ(投稿)内に「お知らせ」を設置することにしました。

プラグインを導入したことで Advanced Adsが使えなくなり、ブログ内での自社広告が打てなくなった方は参考にしてください。

 

蛇足
「お知らせ」関連の試行錯誤については多々あります(笑)。
今回設定した「お知らせ」は、この下に掲載されています。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画

前の記事

Raspberry Pi を使う理由